FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画鑑賞

2013.07.01.Mon
広島の佐々木会計事務所の佐々木です。

沢山の雨が降りましたので、この夏は水不足にはならない
でしょうね。

先週の土曜日に、「奇跡のリンゴ」という映画を観にいきました。

ハンカチ持参で行かれたほうがいいですよ、と聞いていたので

ガーゼのタオルを持っていきましたが、絞るほどはでませんでした(笑)

主人公の木村さんの努力と家族の温かい絆がとっても良かったですよ。

11年間掛かって、並大抵の苦労ではないですね。

私の息子は無農薬の野菜やコメを作っていますが、1年間合鴨農法の

古本さんのところで農業を教えていただき、息子なりにやっています。

大変ですが、木村さんに比べると全然ラッキーですね。

周りの方に感謝して、がんばってほしいです。
スポンサーサイト

笑いヨガ

2013.06.24.Mon
おはようございます。

広島の佐々木会計事務所の佐々木です。

今朝はもう半年続けている笑いヨガに参加しました。

いつもの如くパワフルに笑いました。

事務所でもUCALの方に来ていただき一度やったのですが、

一度くらいでは、この良さはわからないでしょう(笑)

今日も笑いヨガでパワーを頂き、今週も乗り切れるでしょう!

2013.04.10.Wed
おはようございます。

佐々木会計事務所の月曜日担当の佐々木薫です。

今日は何曜日、と指刺されそうです(^^ゞ

今日は、私が昔から疑問だったことを・・・


おでんと関東煮(かんとだき)

最近では、大阪でも「おでん」という名称が一般的になりましたが、昭和初期頃までは大阪で「おでん」といえば田楽(串に刺した豆腐やこんにゃくの味噌焼き)を指しました。一方、煮込み仕立ての「おでん」は「関東煮(かんとだき)」と呼ばれ親しまれてきたのです。

そもそも、「田楽(おでん)」が現在のような煮込み仕立てになったのは江戸中期のことで、串刺しだった具をみそ味で煮込むようになり、さらに幕末の頃には 醤油味に。江戸の町で屋台料理として大流行し、関西にも伝わり「関東煮(かんとだき)」として広まったのです。ちなみに、この「関東煮(かんとだき)」と いう名称、醤油味だったことから「広東煮(かんとんだき)」とよばれ、転じて「かんとだき」となったという説もあります。

単細胞なので、疑問に思ったらいつまでもあるので

今日、やっと検索して理解できました。

これからも、理解できない事柄をあげていきます。

お付き合いの程、よろしくお願いします。

戻りました

2013.04.02.Tue
おはようございます。

広島の佐々木会計事務所のカオリンこと佐々木薫です。

香港家族旅行から無事に帰りました。

昨年に続き、2回目の香港です。

あいにく雨でしたが、なんとか楽しみました。

ラマ島に渡ったり、香港最大のリッツカールトンホテルの

最上階(118F)のバーに行ったり~

普段味わえない場所にも行くことができ、満喫しました。

仕事のことも気にはなりましたが、事務所の職員皆さんに任せて

楽しみました。

留守番ありがとうございました。

2013.03.25.Mon
広島の佐々木会計事務所の佐々木薫です。

すっかり春らしくなりましたね。

確定申告の忙しさに感けて、すっかりブログを書くのを忘れて・・・

なんてことでしょう(^^ゞ

今日からまた真面目?に書くように努めます。

宜しくお願いします。

桜も筑紫も春の訪れを教えてくれています。

重いコートを脱いで、出掛けませんか~ですね(^^♪

桜と筑紫
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。