FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮

2013.04.12.Fri
きな臭い 北朝鮮

一昨年春、たまたま70才過ぎと思われる品のいいおばあちゃまと広島空港でお話しする機会があった。
彼女は北朝鮮が望める展望台へツアーで行くと言う。
その頃北朝鮮が望める場所へ行けるのかと、びっくりしたが、高齢でたった一人で行く事にもびっくりした。

ただ、観光で行くなんて少し不謹慎な気がしたものだ。
ところが私にもその機会が図らずもあった。

それが目的ではなかったが、ソウルからルートNo1で約1時間半くらい走ると、北朝鮮の国境近くまで来る。
なんて近いんだ、河の向こうに曇り空の下展望台が見えた。
この国はまだ休戦状態で、あそこには銃を構えた兵士がいる。

絵空事のような気がした。

今、絵空事ではない。

上海でも、みんなの反対を押し切って出かけたが、国民感情の悪さは感じなかった。
ただ、不衛生、特殊マスクはいらなかったが空の汚さ、コピー商品の氾濫、
人間の多さ・・・・感覚のズレがかなり感じられた。

ああ、ここへはもう来たくないと、個人的な感情が湧いた。

北朝鮮、この国はどこへ?????
スポンサーサイト

2013.04.10.Wed
おはようございます。

佐々木会計事務所の月曜日担当の佐々木薫です。

今日は何曜日、と指刺されそうです(^^ゞ

今日は、私が昔から疑問だったことを・・・


おでんと関東煮(かんとだき)

最近では、大阪でも「おでん」という名称が一般的になりましたが、昭和初期頃までは大阪で「おでん」といえば田楽(串に刺した豆腐やこんにゃくの味噌焼き)を指しました。一方、煮込み仕立ての「おでん」は「関東煮(かんとだき)」と呼ばれ親しまれてきたのです。

そもそも、「田楽(おでん)」が現在のような煮込み仕立てになったのは江戸中期のことで、串刺しだった具をみそ味で煮込むようになり、さらに幕末の頃には 醤油味に。江戸の町で屋台料理として大流行し、関西にも伝わり「関東煮(かんとだき)」として広まったのです。ちなみに、この「関東煮(かんとだき)」と いう名称、醤油味だったことから「広東煮(かんとんだき)」とよばれ、転じて「かんとだき」となったという説もあります。

単細胞なので、疑問に思ったらいつまでもあるので

今日、やっと検索して理解できました。

これからも、理解できない事柄をあげていきます。

お付き合いの程、よろしくお願いします。

2013.04.04.Thu
慌ただしかった確定申告の期間が終わり、久しぶりにブログを更新します。



昨夜は、誘っていただいてお花見に行ってきました。


最近の雨と風で桜が散っているのではないかと心配でしたが、


私が見に行った場所の桜はまだまだ見頃でした。



 桜を見ると、新年度が始まったのだなと気持ちが新たになります。


また来年、桜の季節まで頑張っていこうと思いました。


その頃には、また新しい知識や経験を得た、成長した自分でありますように。

戻りました

2013.04.02.Tue
おはようございます。

広島の佐々木会計事務所のカオリンこと佐々木薫です。

香港家族旅行から無事に帰りました。

昨年に続き、2回目の香港です。

あいにく雨でしたが、なんとか楽しみました。

ラマ島に渡ったり、香港最大のリッツカールトンホテルの

最上階(118F)のバーに行ったり~

普段味わえない場所にも行くことができ、満喫しました。

仕事のことも気にはなりましたが、事務所の職員皆さんに任せて

楽しみました。

留守番ありがとうございました。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。